>  ×

4,253,000

検索ツール

92 のうち 100 に基づく 2535 ユーザーの評価


【海外限定】 原種 クリスマスローズ チベタヌス 12芽株(No.3757) 7号スリット鉢 長期化成肥料付 【アジアの原種/高山植物/夏日陰の非耐暑性宿根草】, シラタカマチ 2535100e


【海外限定】 原種 クリスマスローズ チベタヌス チベタヌス 12芽株(No.3757) 12芽株(No.3757) 7号スリット鉢 長期化成肥料付【アジアの原種/高山植物 7号スリット鉢/夏日陰の非耐暑性宿根草】, シラタカマチ:2535100e --- construart30.dominiotemporario.com




【海外限定】 原種 クリスマスローズ チベタヌス チベタヌス 12芽株(No.3757) 12芽株(No.3757) 7号スリット鉢 長期化成肥料付【アジアの原種/高山植物 7号スリット鉢/夏日陰の非耐暑性宿根草】, シラタカマチ:2535100e --- construart30.dominiotemporario.com
model:HelleborePB-305
当店通常価格19800.0000円 (税込)
価格18000.0000(税込)










※北海道・沖縄へお届けの場合、別途送料がかかります。


【お付けする肥料について】
・春~秋
  チベタヌス輸入株を育てる初年度の夏は、やはり疲労回復と枯らさないように元気にする肥料を探し出しまして、「初年度チベタヌスの肥料」なるものをサービスにお付けたいたします。もちろん販売もいたします。
 皆様より、どうしても枯れるということから少しでもお役に立てればと思います。
特に肥料不足になりますと耐暑性もなくなるのではと思います。


【現地の状況】
1.輸入されました株、とりわけ10芽前後の株を観察しますと、
 ア)超早咲き或いは早咲きタイプは、箱の中で芽が動いています。
  中国現地から国内へ、そして弊園に到着する間、どれくらい日数を経ているのか不明なのですが。
  クリスマスローズの分類はキンポウゲ科。キンポウゲ科の大きな特徴は夏休眠し、秋に生長を開始することです。
  多分パッキングの関係上、ムレによる傷みを防ぐ目的で11月下旬~12月上旬に輸送されます。
 イ)その輸入株を見ておりますと、植物防疫所の検査を無事通過するために、根洗いを徹底的にすることです。
  その結果更に根が貧弱となり、みなさまの御批判の基となっております。
 ウ)そしてそれらの株を見ておりますと、早咲きタイプは輸送途中で花茎が生長を始めるために、定植しますと花茎が曲がった状態となってしまいます。
  遅咲きは莟が固く、生長は国内の春にならないと生長しないのかもしれません。
 エ)そのようなことで、チベタヌスの個体差もかなりあり、増殖率の良い株は脇芽が3芽ついており、悪い株が脇芽が1芽ということが見られます。そして茎が分岐せず長年一茎であることがわかります。 
 オ)そのようなことで、チベタヌスの輸入時の芽には様々な個体差が見られます。
 
2.弊園での到着後の管理は、
 ア)1株であっても2芽株であっても、或いは10芽、20芽であっても同じなのですが、水洗いの後、弊園オリジナル培養土「クリスマスローズの土 「山野草の土 3号」」にて定植いたします。大変荒い土なのですが、排水性と通気性を重要視しております。
  一説にはひゅうが土が山野草に良いとの説がありますが、山野草専門業者界では使用しないのが通例であり、植物こそ違うのですが多肉植物で見ますと、お客様より「石田さんの多肉植物の土と日向土を比較して育てましたところ、石田さんの多肉植物の土が日向土に比較して育ちが良いです」と御連絡いただきました。
   そのようなことで、荒ければ良いというものでもありません。
 イ)そして根がかなり傷んで輸入されますので、輸入チベタヌスに関しては、2018年12月より即効性の化成肥料を定植時に施肥しております。
  これは輸入時の傷みを少しでも回復させるために「肥効の早い肥料」を使用することにより、より早く回復し、元気に育つことを考えてのことです。
  約1ヶ月の肥効期間ですので、12月~3月まで月1回の施肥が良いかと思います。
 ウ)従来のIB化成でも即効性でもありますので、御使用は何ら問題ありません。
 エ)4月以降はチベタヌス用長期化成肥料をおすすめいたします(肥料付)。


【チベタヌス 商品解説】
1.輸入され入荷したチベタヌスは、水洗いの後クリスマスローズの土「山野草の土」3号にて定植しております。

2.お届け後の管理のポイントは高山植物と考える。(平地での鉢・ポットの場合)
(1)自生地は中国の奥地です。我国と同じくアジアモンスーン気候の照葉樹林帯に生育しています
(2)但し、標高の高いところに自生が見られるところから、夏いかに涼しく、快適な環境設定にするかが問題かと思います。
(3)アジアモンスーン気候の中で育っていますので野ざらし・雨ざらしで育てるのも何ら問題ないかと思います。
(4)その場合、特にピートモスやバーミキュライト等、保水力を増す作用のある混合培養土のクリスマスローズ専用培養土、或いは草花培養土は高温多湿に弱いチベタヌスはいうに及ばずクリスマスローズ全般に腐らせる原因となります。特に戸外栽培は御注意ください。 そのような意味に於いて、弊園のクリスマスローズの土が最適かと考えます。

【四季の管理】
・四季の管理 -陶器鉢が最適- 山野草専門店である弊園が長年経験していることですが、山草といわれる非耐暑性宿根草をビニールポットでの夏越しは至難の業なのですが、陶器鉢に定植しますと、わりに楽に夏越しができます。断熱作用のおかげかと考えられます。
 
・冬季
 直接霜等の当らない軒下等で管理、あまり凍りつくような育て方はよくないかと思います。或いは棚下等に置き、自然の霜除けがされているのが良いかと思います。

・初夏~夏期
 1.ポットに直接日光が当らないように注意してください。鉢内が蒸れる可能性があります。
 2.高山植物と考え、直射光線をできる限り避け、葉の表面温度を上げないようにしてください。
 3.建物の北側に置き、初夏~夏の間できるだけ涼しい風通しのよいところで育ててください。

◎弊園での栽培の例
 平成25年(2013年)秋 3.5号ポットで植込み
 平成26年(2014年) 一作
 平成27年(2015年)早春 足掛け3年で開花しました様子です。
3.5号ロングポットに植え、弊園にて一作しましたところ白花が咲いてくれました。こちらも3.5号ロングポットに植え、弊園にて一作しました株です。濃色系の優品です。
この株も3.5号ロングポットに植え、弊園にて一作しました株です。標準的な花色でしょうか。



【どのような管理であったか】
1.山野草の栽培場の棚下に置きました。

2.夏の照度はクマガイソウと同じところに置き、かなり涼しかったことが考えられます。

3.水やりは100%スタッフに任せ、夏の水やりは山野草に毎日水やりをしておりましたのでチベタヌスも同様だったと思います。

4.そのようなことで、スタッフが特にチベタヌスだからといって特別な管理をしたわけでは無く、通常の山野草と同様と考えていたかと思います。

5.いえることは、やはり「山野草の土」を使い涼しくすることが最大のポイントかと考えられます。但し、粒度の細かい「山野草1号」を使っていましたので、開花の様子を見ておりますと”少し水もたれしているなぁ”と考えられ、やはり開花株用のクリスマスローズの土「山野草の土」3号が最適かと考えられます。


【肥料は】
・秋に入手後
 IB化成は粒がくずれるまで肥効があります。約2ヶ月間が目安です。但し、純正をご利用ください。中国製は品質が劣りますので使用は避けてください。

・春~夏
 実は弊園の解説で少し誤りがあったのですが、クリスマスローズの花芽は夏に出来上がります。そしてクリスマスローズはいうに及ばず、夏休眠する植物であっても肥料は吸収し続けることがわかってきました。なるほどと言えばなるほどです。
 それにて、春に弊園クリスマスローズの長期化成肥料を施肥してください。秋まで肥効があるすぐれものです。

・ご注意
 肥料は、肥料バランスのよい国内の肥料をご使用ください。
肥料バランスが悪いと肥料効果がそう大きく期待できません。植物の成長はチッ素(N)がにぎっています。そのチッ素が少ないと植物の成長が常識的に言っても劣っていきます。


クリスマスローズチベタヌスの育て方を必ず参照して下さい。



■クリスマスローズ ナーセリーの紹介

【海外限定】 原種 クリスマスローズ チベタヌス チベタヌス 12芽株(No.3757) 12芽株(No.3757) 7号スリット鉢 長期化成肥料付【アジアの原種/高山植物 7号スリット鉢/夏日陰の非耐暑性宿根草】, シラタカマチ:2535100e --- construart30.dominiotemporario.com 【海外限定】 原種 クリスマスローズ チベタヌス チベタヌス 12芽株(No.3757) 12芽株(No.3757) 7号スリット鉢 長期化成肥料付【アジアの原種/高山植物 7号スリット鉢/夏日陰の非耐暑性宿根草】, シラタカマチ:2535100e --- construart30.dominiotemporario.com
テイクテンの様々な地域での活動をまとめたビデオ「みんなで拡げるテイクテン」をYouTubeにアップしました。ぜひご覧ください! Youtube.png
⇒⇒⇒ https://youtu.be/v45tm8hjvBk

【海外限定】 原種 クリスマスローズ チベタヌス チベタヌス 12芽株(No.3757) 12芽株(No.3757) 7号スリット鉢 長期化成肥料付【アジアの原種/高山植物 7号スリット鉢/夏日陰の非耐暑性宿根草】, シラタカマチ:2535100e --- construart30.dominiotemporario.com

評判のTAKE10!®食生活チェック表 誕生秘話 shokuseikatsu.jpgのサムネイル画像 テイクテン!®の10の食品群は、食品摂取の多様性得点に基づいています。
食品摂取の多様性得点は東京都健康長寿医療センター研究所で開発されたもので、それぞれの食品群について、「ほぼ毎日食べる」を1点、「食べない」を0点として、10点満点で食生活を評価するものです。
テイクテンを開発する際に、ILSIのスタッフは、この食品摂取の多様性得点を活用して、誰でも簡単に気軽に自分の食事をチェックするツールがあったらなぁ...と考えました。そして、「ほぼ毎日食べる」の「ほぼ」が、曖昧で、人によっては、1週間で6日だったり、5日だったり、1日おきだったり、はっきりしないのは嫌だ!と思いました。食べたか、食べないかはっきりしたい!やっぱり100点満点がいいなぁ。
そこで♪、電車の中でひらめいて、ノートに書きなぐった表が原型になりました。表を作ってみると10日間つければ100点満点になり、食品群ごとに、何をよく食べて、何を食べないのか、その人の癖がはっきりわかります。これはいいかも!
現在では日本全国、多くの自治体等でこのような表は使われていますが、誕生したのは電車の中。東京メトロ有楽町線の中でした。
この表については「バランスの良い食生活?」をご覧ください。
http://take10.jp/chapter2.html ご注意

TAKE10!®は、日本国内での商標をアメリカのNGOであるInternational Life Sciences Institute (ILSI) によって登録されています。個人・法人に関わらず、無断で商標を使用することはできません。
なお、個人として利用する以外に、権利者の許可無く、複製、放送、TAKE10!®を冠した講座を開く、ネット上に著作からの図画や文章を公開するなどの行為は固く禁じられています。

コンテンツ