>  > シマノ New 17オシアジガー 2000NRHG 右 SHIMANO NEW 17OCEA 17OCEA NEW JIGGER 右 2000NRHG Right【送料無料】【お取り寄せ商品】

品質検査済 シマノ New 17オシアジガー 2000NRHG 右 SHIMANO NEW 17OCEA JIGGER 2000NRHG Right 【送料無料】【お取り寄せ商品】, キヨネソン 0b0626fd


品質検査済 シマノ New 17オシアジガー 2000NRHG 右 SHIMANO NEW 17OCEA 17OCEA NEW JIGGER 右 2000NRHG Right【送料無料】【お取り寄せ商品】, キヨネソン:0b0626fd --- construart30.dominiotemporario.com




品質検査済 シマノ New 17オシアジガー 2000NRHG 右 SHIMANO NEW 17OCEA 17OCEA NEW JIGGER 右 2000NRHG Right【送料無料】【お取り寄せ商品】, キヨネソン:0b0626fd --- construart30.dominiotemporario.com
model:p20170830p21
当店通常価格53946.0000円 (税込)
価格53946.0000(税込)


ジギングリールの先駆けとして、常に王道を歩んできたオシアジガー。進化の過程で追求したのはリールの本質、ただその一点である。堅牢なボディ、力強く滑らかな"巻き"、そして酷使に耐えるタフネス。いついかなる時でも信頼できる道具であることが、ジガーの求める唯一の答えだ。 そんなジギングリールの代名詞・オシアジガーが、回転フィールをいっそう高めて新登場。新機構インフィニティドライブの搭載により回転抵抗を最大約60%排除し、軽く、パワフルな巻き上げを実現。耐久性の面でも、高剛性なHAGANEボディと高い防水性能を誇るXプロテクトが内部構造をガッチリとガード。さらにはボディやハンドル、クラッチレバーにも冷間鍛造を採用するなど、妥協なきタフネスを装備してオフショアアングラーの技に応える。次元を超えたその回転フィールを体感するとき、ジギングはまた一歩先へと進む。

ギア比 6.2
最大ドラグ力 10.0kg
自重 595g
スプール寸法(径mm/幅mm) 60/25
PE糸巻量(号-m) 3-400、4-300、5-220
最大巻上長(cm/ハンドル1回転) 117
スプール下巻ライン 1/3、2/3
ハンドル長(mm) 80/92
ベアリング数S A-RB/ローラー 8/1

※HG=ハイギア仕様、PG=パワーギア仕様の意味です。
※スプール糸巻き部の溝は、それぞれ1/3、2/3を表しています。
※オシアジガーは全機種PEライン専用です。


  1. 老化のスピードを遅らせる?
  2. バランスのよい食生活?
  3. どんな運動がいい?

品質検査済 シマノ New 17オシアジガー 2000NRHG 右 SHIMANO NEW 17OCEA 17OCEA NEW JIGGER 右 2000NRHG Right【送料無料】【お取り寄せ商品】, キヨネソン:0b0626fd --- construart30.dominiotemporario.com 品質検査済 シマノ New 17オシアジガー 2000NRHG 右 SHIMANO NEW 17OCEA 17OCEA NEW JIGGER 右 2000NRHG Right【送料無料】【お取り寄せ商品】, キヨネソン:0b0626fd --- construart30.dominiotemporario.com
テイクテンの様々な地域での活動をまとめたビデオ「みんなで拡げるテイクテン」をYouTubeにアップしました。ぜひご覧ください! Youtube.png
⇒⇒⇒ https://youtu.be/v45tm8hjvBk

品質検査済 シマノ New 17オシアジガー 2000NRHG 右 SHIMANO NEW 17OCEA 17OCEA NEW JIGGER 右 2000NRHG Right【送料無料】【お取り寄せ商品】, キヨネソン:0b0626fd --- construart30.dominiotemporario.com

評判のTAKE10!®食生活チェック表 誕生秘話 shokuseikatsu.jpgのサムネイル画像 テイクテン!®の10の食品群は、食品摂取の多様性得点に基づいています。
食品摂取の多様性得点は東京都健康長寿医療センター研究所で開発されたもので、それぞれの食品群について、「ほぼ毎日食べる」を1点、「食べない」を0点として、10点満点で食生活を評価するものです。
テイクテンを開発する際に、ILSIのスタッフは、この食品摂取の多様性得点を活用して、誰でも簡単に気軽に自分の食事をチェックするツールがあったらなぁ...と考えました。そして、「ほぼ毎日食べる」の「ほぼ」が、曖昧で、人によっては、1週間で6日だったり、5日だったり、1日おきだったり、はっきりしないのは嫌だ!と思いました。食べたか、食べないかはっきりしたい!やっぱり100点満点がいいなぁ。
そこで♪、電車の中でひらめいて、ノートに書きなぐった表が原型になりました。表を作ってみると10日間つければ100点満点になり、食品群ごとに、何をよく食べて、何を食べないのか、その人の癖がはっきりわかります。これはいいかも!
現在では日本全国、多くの自治体等でこのような表は使われていますが、誕生したのは電車の中。東京メトロ有楽町線の中でした。
この表については「バランスの良い食生活?」をご覧ください。
http://take10.jp/chapter2.html ご注意

TAKE10!®は、日本国内での商標をアメリカのNGOであるInternational Life Sciences Institute (ILSI) によって登録されています。個人・法人に関わらず、無断で商標を使用することはできません。
なお、個人として利用する以外に、権利者の許可無く、複製、放送、TAKE10!®を冠した講座を開く、ネット上に著作からの図画や文章を公開するなどの行為は固く禁じられています。

コンテンツ