>  > 緑吉田 華正作漆茶わん(抹茶茶わん)携帯用 緑吉田 華正作

高品質 漆茶わん(抹茶茶わん)携帯用 緑吉田 華正作, 泡盛通販おきなわマート 0c3b9ba3


高品質 緑吉田 華正作漆茶わん(抹茶茶わん)携帯用 緑吉田 華正作, 泡盛通販おきなわマート:0c3b9ba3 --- construart30.dominiotemporario.com




高品質 緑吉田 華正作漆茶わん(抹茶茶わん)携帯用 緑吉田 華正作, 泡盛通販おきなわマート:0c3b9ba3 --- construart30.dominiotemporario.com
model:tbw-003
当店通常価格24200.0000円 (税込)
価格22000.0000(税込)
ダークチョコ単色包装紙 金銀砂子風包装紙 紺色[和風・兎の包装紙] ピンク色[和風・兎の包装紙] ラッピング不要


ギフト対応

サイズ 直径11.3cm×高さ7.0cm
重量 本体重量:
 約90g

※重量は多少のバラつきがあります.
 各工程一つ一つ職人の手仕事で
 造っており,
 重量のバラつきが発生するためです.
 ご了承くださいますようお願いします.
材質 [抹茶茶わん]天然木(欅),天然漆,銀,砥の粉,珪藻土
[麻袋]麻(京都仕立て)
緑色
商品説明
[製造工程]
吉田華正が心を込めて造りました。

(1)木地工程:加賀市の木地師により欅材を縦木取りの技法で素地を製作。

(2)下地工程:加賀市内の下地師による珪藻土を活用した堅地下地。

(3)蒔絵工程:吉田華正による、内側銀梨子地研出加工。
 外側は乾漆粉と漆をふんだんに使った新たな技法で、ざくざくとした手触り感を表現しました。

[ご使用方法]
陶磁器の抹茶茶碗と比較すると、取り扱いが簡単です。茶わんを水洗いしタオルで拭き取るのみでOKです。

※陰干しする必要は
 ございません。





  1. 老化のスピードを遅らせる?
  2. バランスのよい食生活?
  3. どんな運動がいい?

高品質 緑吉田 華正作漆茶わん(抹茶茶わん)携帯用 緑吉田 華正作, 泡盛通販おきなわマート:0c3b9ba3 --- construart30.dominiotemporario.com 高品質 緑吉田 華正作漆茶わん(抹茶茶わん)携帯用 緑吉田 華正作, 泡盛通販おきなわマート:0c3b9ba3 --- construart30.dominiotemporario.com
テイクテンの様々な地域での活動をまとめたビデオ「みんなで拡げるテイクテン」をYouTubeにアップしました。ぜひご覧ください! Youtube.png
⇒⇒⇒ https://youtu.be/v45tm8hjvBk

高品質 緑吉田 華正作漆茶わん(抹茶茶わん)携帯用 緑吉田 華正作, 泡盛通販おきなわマート:0c3b9ba3 --- construart30.dominiotemporario.com

評判のTAKE10!®食生活チェック表 誕生秘話 shokuseikatsu.jpgのサムネイル画像 テイクテン!®の10の食品群は、食品摂取の多様性得点に基づいています。
食品摂取の多様性得点は東京都健康長寿医療センター研究所で開発されたもので、それぞれの食品群について、「ほぼ毎日食べる」を1点、「食べない」を0点として、10点満点で食生活を評価するものです。
テイクテンを開発する際に、ILSIのスタッフは、この食品摂取の多様性得点を活用して、誰でも簡単に気軽に自分の食事をチェックするツールがあったらなぁ...と考えました。そして、「ほぼ毎日食べる」の「ほぼ」が、曖昧で、人によっては、1週間で6日だったり、5日だったり、1日おきだったり、はっきりしないのは嫌だ!と思いました。食べたか、食べないかはっきりしたい!やっぱり100点満点がいいなぁ。
そこで♪、電車の中でひらめいて、ノートに書きなぐった表が原型になりました。表を作ってみると10日間つければ100点満点になり、食品群ごとに、何をよく食べて、何を食べないのか、その人の癖がはっきりわかります。これはいいかも!
現在では日本全国、多くの自治体等でこのような表は使われていますが、誕生したのは電車の中。東京メトロ有楽町線の中でした。
この表については「バランスの良い食生活?」をご覧ください。
http://take10.jp/chapter2.html ご注意

TAKE10!®は、日本国内での商標をアメリカのNGOであるInternational Life Sciences Institute (ILSI) によって登録されています。個人・法人に関わらず、無断で商標を使用することはできません。
なお、個人として利用する以外に、権利者の許可無く、複製、放送、TAKE10!®を冠した講座を開く、ネット上に著作からの図画や文章を公開するなどの行為は固く禁じられています。

コンテンツ