安い割引 [ノルマニ]normani シュラフ "アンタークティカ" (右ファスナー) オールシーズン 【使用気温:極寒 マイナス40~プラス27度】 - ブラック, ミナミアイヅグン 9ff880a1


安い割引 [ノルマニ]normani シュラフ ブラック "アンタークティカ" シュラフ (右ファスナー) オールシーズン【使用気温:極寒 マイナス40~プラス27度】 - - ブラック, ミナミアイヅグン:9ff880a1 --- construart30.dominiotemporario.com




安い割引 [ノルマニ]normani シュラフ ブラック
model:8000396-11129
当店通常価格18568.0000円 (税込)
価格16880.0000(税込)









シュラフ "アンタークティカ" は私たちのシュラフの中で、最も厚く、暖かく、機能が優れたモデルです。革新的なファスナーシステム "ジップT3K(テー・ドライ・カー)" の技術により、どんな気象環境にも合い、お使いいただける最低から最高気温の差は実に67℃に及びます。

メイン・サブシュラフの同時使用でマイナス25℃の寒さでも確実に暖かく眠ることができ、短い時間であればマイナス40℃の極寒の地でも生き延びられるでしょう。

ふたつのシュラフを別々にお使いいただくこともできます。たとえば山小屋ツアーや春のフェスティバルにおいて、気温13~27℃のときには、サブシュラフのみでいちばん快適に眠れるでしょう。

内側は通気性豊かな天然繊維でできており、湿気を外側へ逃すため、健康的な睡眠環境です。メインシュラフのカバーは丈夫なリップストップの210Tナイロン生地でできており、防風、防水性があります。詰め物は500 g/m² の化学繊維でできています。ポリエステル繊維にシリコン層をコーティングするという、たいへん手間のかかる製造工程を経ており、湿った状態でも理想的な保温性があります(これは、湿ると保温性が損なわれるダウンシュラフに比べると、大きな利点です)。この加工によって、本来ならざらざらした化学繊維の表面がつるつるし、からまりを防ぎます。何度も広げたり、巻いたりを繰り返しても、このシュラフは常に最大限に膨らみます。

ドローコードによって、半円形の頭部をフードのように閉じ、冷気の侵入を防げます。長方形で内部は広々としており、動きの自由度は最大限です。ぐるりと囲むファスナー(右側と下側)によって、寝袋への出入りがしやすいです。必要に応じてファスナーを全開にすれば、メイン・サブシュラフともに、布団のようにお使いいただけます。

"アンタークティカ" はもうひとつの左ファスナーのモデルと結合して、ダブルシュラフとしてもお使いいただけます。


快適にお使いいただける気温

メイン・サブシュラフ同時使用
最高気温: -1 °C
最適気温: -25 °C
最低気温: -40 °C

メインシュラフのみ
最高気温: 8 °C
最適気温: -5 °C
最低気温: -20 °C

サブシュラフのみ
最高気温: 27 °C
最適気温: 20 °C
最低気温: 13 °C


詳細
表地の素材: 100 % ポリアミド
裏地の素材: 100 % 綿
詰め物の素材: 100 % ポリエステル
収納バッグの素材: 100 % ポリアミド
総重量: 4.7 kg
メインシュラフのサイズ: 220 cm x 90 cm
サブシュラフのサイズ: 185 cm x 85 cm


  1. 老化のスピードを遅らせる?
  2. バランスのよい食生活?
  3. どんな運動がいい?

安い割引 [ノルマニ]normani シュラフ ブラック 安い割引 [ノルマニ]normani シュラフ ブラック
テイクテンの様々な地域での活動をまとめたビデオ「みんなで拡げるテイクテン」をYouTubeにアップしました。ぜひご覧ください! Youtube.png
⇒⇒⇒ https://youtu.be/v45tm8hjvBk

安い割引 [ノルマニ]normani シュラフ ブラック "アンタークティカ" シュラフ (右ファスナー) オールシーズン【使用気温:極寒 マイナス40~プラス27度】 - - ブラック, ミナミアイヅグン:9ff880a1 --- construart30.dominiotemporario.com

評判のTAKE10!®食生活チェック表 誕生秘話 shokuseikatsu.jpgのサムネイル画像 テイクテン!®の10の食品群は、食品摂取の多様性得点に基づいています。
食品摂取の多様性得点は東京都健康長寿医療センター研究所で開発されたもので、それぞれの食品群について、「ほぼ毎日食べる」を1点、「食べない」を0点として、10点満点で食生活を評価するものです。
テイクテンを開発する際に、ILSIのスタッフは、この食品摂取の多様性得点を活用して、誰でも簡単に気軽に自分の食事をチェックするツールがあったらなぁ...と考えました。そして、「ほぼ毎日食べる」の「ほぼ」が、曖昧で、人によっては、1週間で6日だったり、5日だったり、1日おきだったり、はっきりしないのは嫌だ!と思いました。食べたか、食べないかはっきりしたい!やっぱり100点満点がいいなぁ。
そこで♪、電車の中でひらめいて、ノートに書きなぐった表が原型になりました。表を作ってみると10日間つければ100点満点になり、食品群ごとに、何をよく食べて、何を食べないのか、その人の癖がはっきりわかります。これはいいかも!
現在では日本全国、多くの自治体等でこのような表は使われていますが、誕生したのは電車の中。東京メトロ有楽町線の中でした。
この表については「バランスの良い食生活?」をご覧ください。
http://take10.jp/chapter2.html ご注意

TAKE10!®は、日本国内での商標をアメリカのNGOであるInternational Life Sciences Institute (ILSI) によって登録されています。個人・法人に関わらず、無断で商標を使用することはできません。
なお、個人として利用する以外に、権利者の許可無く、複製、放送、TAKE10!®を冠した講座を開く、ネット上に著作からの図画や文章を公開するなどの行為は固く禁じられています。

コンテンツ